おまとめローンって一体なに? 

おまとめローン

近年目にすることの多い「おまとめローン」ですが、その中身は以外と知られていのではないでしょうか?

おまとめローンって一体なに?

 

おまとめローンというのは、文字通り複数あるローン借入を1つにまとめてしまい返済面の負担を減らそうという制度のことを指します。

制度の趣旨としてはカードローンやキャッシングの借入をより条件のよい会社に一本化することで金利面に有利な借入にすることとなります。

仮に現在A社から20万(18%)、B社から30万(15%)、C社から40万(17.8%)の合計90万円の借入があった場合、これらをD社による90万の借入(14%)にして借入返済額を減らそうという試みになります。

おまとめローンの審査に通過すると先の例ではD社が一度借入返済金をおまとめローン借主に一度貸付という形で資金供与します。借主はその借入で他の会社の借入を返済し、D社から借り入れた貸付を返済する形になります。

なお、ここでD社からの貸付を以てA社、B社、C社への返済を行わなかった場合は純粋に借入が増大し、ゆくゆくは返済延滞などの金融事故を起こしてしまう結果となるでしょう。

金融事故を起こすと基本的に5年間はカードローンやキャッシングの利用はできなくなるため、最終的には自分で自分のクビをしめてしまうので絶対にやめましょう。

 

おまとめローンのメリット・デメリットは?

 

メリットは勿論、成功すれば返済面での負担が減ることです。

デメリットは、結局返済額が増えてしまうことが多い点です。

先ほどの例では金利が低いおまとめローンの借入が実現していますが、実際にはおまとめローンの方が金利が高くなるか、それほど変わらないのが実情だと言えるでしょう。

また、金利が低くなったからと言って必ずしも返済額が減る訳ではない点にも注意が必要です。

例えば、3社から毎月2万円の返済を行っていたとします。

これをまとめて毎月の返済を4万円にしたとします。

こうなるともちろん月々の返済は少なくなり負担は軽くなりますが、返済は長期化するため実は総返済額は増えてしまうことがあります。

また、抱えているローンのすべてを一本化できない場合もあります。

先の例でいうとA社、B社の借入は一本化できるがC社の借入はそこに含めないといったようなケースです。

もちろん、それでも返済の負担は減りますが、必ずしも一本化にできる場合だけではないということも抑えておきましょう。

さらには、大手以外の金融業者では債務整理を勧められるケースも存在しているようです。

残念ながら司法制度改革の失敗を経て弁護士の仕事は激減してしまいました。

食うに困った弁護士たちにとって債務整理の案件は美味しい蜜の味なのです。

このような消費者金融と弁護士が結託することは弁護士法違反なのですが、無知を利用した情弱ビジネスとして根付いてしまっているのも事実ですので注意しましょう。